クレジットカード換金率をどう評価するか

急にお金、それも現金が必要になったとき頼りになるのはキャッシングサービスです。

しかし、キャッシングを使えない状況であってもクレジットカードから直接現金を調達する方法があります。それが「ショッピング枠の現金化」です。

高額商品やギフト券など換金性の高い品物をカードで購入し、即時に転売するのです。

自力で転売を行ってもよいのですが、最近では商品購入から買い取りまでをプロデュースする現金化業者というものも存在します。

特別なスキルが有る場合は別ですが、経験のない人がショッピング枠の現金化に挑むならばこうした専門家を頼るのが得策でしょう。

こうした現金化業者を選ぶ際には、いくつかの基準があります。

その中でも気になるのが「換金率」でしょう。カードの現金化の仕組みは早くいえば「転売」です。

このとき原価より高く売ることは困難で、おおむねロスが生じます。このロスを差し引いた、手元に残るお金の比率が換金率というわけです。

もっとも、商品購入から処分までを一貫して行う現金化サービスの場合、このロスは手数料としての性質を持っています。

一概に理不尽な損失とはいえないのです。

そのため、単純に換金率の高いサービスを選べばそれでよいということになりません。

自分に必要なサポートや、サービスのレベルをきちんと考慮することが肝要です。

望むサービスと価格を比較して、適正価格であると判断できた業者を利用するのがよいでしょう。

これは、クレジットカード換金サービス以外にも共通することです。

こちらのサイトも参考になります↓

http://www.credit-master.net/page/01.html